跪求日文翻译。。有人帮我吗?

啊有人帮我翻译下啊···不要用翻译器···

欢迎各位来到新丝绸之路展销中心。我是这儿的讲解员。我们展销中心是市政府主办开设的,主要目的是为了宣传苏州的丝绸文化和历史。一楼主要展示的是丝绸的历史文化和蚕丝被的制作工艺,二楼主要是服装,丝巾,刺绣等。

丝绸之路:在国人印象中,与万里长城齐名的,莫过于丝绸之路。丝绸之路是历史上横贯欧亚大陆的贸易交通线,促进了欧亚非各国和中国的友好往来。中国是丝绸的故乡,在这条路线进行的贸易中,中国输出的商品以丝绸最具代表性。通过丝绸之路,中国的丝绸、铁器、打井技术等传到西域,西域的土特产、乐器,印度的佛教等也传入中国。丝绸之路是指西汉时,由张骞出使西域开辟的以长安(今西安)为起点,经甘肃、新疆,到中亚、西亚,并联结地中海各国的陆上通道(这条道路也被称为“西北丝绸之路”以区别日后另外两条冠以“丝绸之路”名称的交通路线)。因为由这条路西运的货物中以丝绸制品的影响最大,故得此名(而且有很多丝绸都是我们中国运的)。其基本走向定于两汉时期,包括南道、中道、北道三条路线。汉代多走南路。唐代多走北路。玻璃柜子里展示的是丝绸的原材料桑蚕茧:我左手边展示的是单宫茧,可以抽丝做衣服,丝巾。它的体积看上去较小,它是由一个蚕吐丝结茧而成的,每个茧可以抽丝1500米左右。我右手边展示的是双宫茧,也可以称为夫妻茧,体积看上去较大,它是由两个蚕(一雌一雄)交叉吐丝结茧而成的,它的丝是用来做蚕丝被的。两边展示的都是唐朝到明朝清朝时期的一些丝绸作品。橱窗里所展示的就是明朝开国皇帝朱元璋所穿的龙袍。我们所展出的是件复制品,在原衣的基础上进行了1/3的放大处理。龙身上的那条蓝色的长线我们称它为龙脉,在迷信的古代,龙脉象征着一个国家的命脉。龙脉要是断了,也就意味着国家要灭亡。所以在在绣制的过程中很有讲究,丝线不能断开。如果绣娘在绣制的过程中把丝线弄断了,就会招来杀身之祸,甚至是诛九族。整件衣服上有9条龙,中间这条龙的爪子是5爪,形象的体现了皇帝的九五之尊。整件衣服上的刺绣需要三个绣娘花费半年的时候才能绣完。

墙上的是蚕的一生的标本,蚕的一生经过蚕卵—蚁蚕—蚕宝宝—蚕茧—蚕蛾,共四十多天的时间。

刚从卵中孵化出来的蚕黑黑的像蚂蚁,我们称为「蚁蚕」。从蚁蚕到吐丝结茧共蜕皮4次。从蚁蚕到第一次蜕皮为第一龄;眠起后进入第二龄;再次蜕皮后进入第三龄;第三次蜕皮后进入第四龄,第四次蜕皮又称大眠。大眠后就进入第五龄,五龄的蚕宝宝长得极快,体长可达6~7厘米,体重可达蚁蚕重量的1万倍左右。

成为五龄幼虫才开始吐丝结茧.就象这样。古成语“作茧自缚”就是这么而来的。 五岁幼虫需二天二夜的时间,才能结成一个茧.蚕的蛹可以炒菜吃,味道非常好。最后一次脱皮是在茧中进行的,之后成为蛹.约十天后,羽化成为蚕蛾,破茧而出。破茧后,蚕茧上分泌的一种丝胶蛋白是最好的美容品,在粗燥的皮肤上涂上这层丝胶蛋白,皮肤马上会象婴儿般光滑细嫩。蚕沙是蚕幼虫的粪便。也是一味中药,清热解毒专杀寄生虫。可以用来做枕头。

坊造织:这边是抽丝剥茧的环节。阿姨现在做的就是剥茧套环。是制作蚕丝被的其中一道工序。先用温水把蚕茧泡开,取出里面的蛹。然后借着张力把蚕茧套在这个环上。需要套近40个左右的蚕茧。最后取下来烘干,消毒。晾干以后,就是这样的。摸上去很软很舒服。

丝作坊:下面进入我们手工拉制蚕丝被的制作现场。蚕丝被只能纯手工制作,机器无法代替。需要四个阿姨,站在四个不同的方向同时拉。把整张丝拉开。大家可以看到,制作蚕丝被不象弹棉花,需要带帽子,口罩等防尘用具,非常的绿色环保。这边是阿姨们拉好的半成品,蚕丝被是完全不需要用绗缝线来固定中间的,蚕丝被具有强健力和强伸力,并为经纬网状结构,被胎在使用过程中不会出现移位或孔洞现象,可长期使用,保持舒适和蓬松感。它的保暖性很好。一斤丝抵三斤棉。在国际上,纯桑蚕丝制品被誉为“人的第二皮肤”是其他纤维无法替代的高档用品。

最佳答案
本回答由提问者推荐

pitland 13级
2010-03-09 回答
皆さん、新シルクロード展示即売センターへようこそ。私はここの説明員です。私どもの展示即売センターは市政府の主催で開設いたしました、主な目的は蘇州の絹織物文化と歴史のPRです。1階の主な展示は絹織物の歴史文化とシルクキルトの製作技術、2階は主に服装、スカーフ、刺繍などです。
 
シルクロード:国民の印象の中で、万里の長城と名声を等しくして、シルクロードに勝るものはありません。シルクロードは歴史上ユーラシア大陸を横断する貿易輸送路であり、ヨーロッパ、アジア、アフリカ各国と中国との友好的な往来を促進しました。中国は絹織物の故郷です、このルートで行われた交易の中で、中国から輸出された商品の一番の代表格が絹織物です。シルクロードを通して、中国の絹織物、鉄器、井戸を掘る技術などが西域に伝わり、西域の特産品、楽器、インドの仏教なども中国に入って来ました。シルクロードは前漢の時代、張騫が使節として西域に行き開拓した長安(今の西安)を起点にして、甘粛、新疆を経て、中央アジア、西アジアに至り、さらに地中海各国の陸上交通路(この道も“西北のシルクロード”と呼ばれ、後に“シルクロード”の名を冠せられたその他2本の交通ルートと区別されます)と結ばれます。この道から西へ運ばれた品物の中で絹織物製品の影響がもっとも大きかったため、この名前がつけられました(しかも絹織物の多くはすべて私達中国が運んだのです)。その基本形は漢の時代に定まるところとなり、南路、中路、北路の3ルートが含まれます。漢代では南路が多く使われました。唐代では北路が多く使われました。ガラスケースに展示されているのは絹織物の原材料であるカイコの繭です:私の左手に展示されているのは単繭で、糸を取って服、スカーフが作れます。その体積は見た目に小さく、それは1頭のカイコが吐き出した糸で繭となったもので、ひとつの繭から1500メートルぐらいの糸を取ることができます。私の右手に展示されているのは玉繭で、夫婦繭とも呼ばれます、体積は見た目に割合大きく、それは2頭のカイコ(メスとオス)が交差して吐き出した糸が繭となったもので、その糸はシルクキルトに利用されます。両側の展示はすべて唐から明清の時代の絹織物作品です。ショーウインドーに展示されているのは明朝を築いた皇帝朱元璋が着用した竜柄の長衣です。展示されているのは複製品で、オリジナルの服をもとに3割の拡大処理を行っています。竜の体にあるあの青く長い線のことを私達は竜脈と呼び、迷信的な古代では、竜脈は1つの国家の命脈を象徴していました。竜脈が切れてしまうことは、国家が滅ぶことを意味します。そのため刺繍の工程がとても重んじられ、絹糸を切ることができませんでした。もし刺繍の女工が刺繍の工程で絹糸を切ってしまったら、重大な過失とみなされ、酷いときには一族が処刑されたのです。1着の服には9頭の竜があり、真ん中の竜の足は5本あります、イメージとして皇帝の九五之尊を体現しました。1着の服の刺繍を仕上げるのに3人の刺繍工が半年を費やする必要がありました。壁の上はカイコの一生の標本です、カイコの一生は卵―幼虫―おカイコ様―繭―カイコガと移り変わり、合わせて40数日になります。
 
卵から孵化したばかりのカイコは黒っぽくてアリに似ています、私達は「yi can-アリ(のような)カイコ」と呼びます。カイコの幼虫から繭になるまで合計4回脱皮します。カイコの幼虫から1回目の脱皮までが第1齢;眠り始めた後が第2齢;次の脱皮の後が第3齢;3回目の脱皮の後が第4齢で、4度目の脱皮はまたの名を大眠と呼びます。大眠の後第5齢に入り、5齢のおカイコ様は成長がきわめて速く、体長は6~7センチ、体重は幼虫の重さの1万倍ぐらいに達します。
5齢の幼虫になってやっと繭作りを始めます。まさにこのように。古い諺の“自縄自縛”はここから来ています。5歳の幼虫は2昼夜を要して、ようやく1つ繭となります。カイコのさなぎは調理して食べられます、味はとても良いです。最後の脱皮は繭の中で行われ、その後さなぎになります。約10日後に、羽化してカイコガになって、繭を破って出ます。繭を破った後、繭に分泌されるセリシンという蛋白質は最高の美容品で、荒れて乾燥した皮膚にこのセリシンを塗れば、皮膚はたちまち赤ん坊のようにつるつるして柔らかくなります。カイコ渣はカイコの幼虫の糞便です。これも漢方薬の一種で、解熱や解毒、寄生虫退治に効果があります。枕に利用できます。
 
紡糸場:こちらは糸を取って繭を剥く部分です。おばさんが今しているのは繭を剥いて輪にかぶせる作業です。シルクキルトを作る工程の1つです。先にぬるま湯に繭を浸して、中のさなぎを取り出します。それから張力を利用して繭をこの輪にかぶせます。約40個近くの繭をかぶせなければなりません。最後に取り去って火干し、消毒します。その後陰干しすると、このようになります。触るととても柔らかくて気持ちがいいです。
 
製糸場:次に私達の手作業で作るシルクキルトの製作現場に入ります。シルクキルトは全くの手作業でしか作ることできず、機械に置き換えることができません。4人のおばさんが、4つの異なった方向に立って同時に引かなければなりません。糸をまるごと引き離します。皆さんご覧のように、シルクキルトの製作は綿打ちとは異なり、帽子を被り、マスクなどの防塵用具を着けなければならず、大変な緑の環境保護となっています。こちらはおばさん達が引き終わった半製品で、シルクキルトは全くキルティング糸で中間を固定する必要がありません、シルクキルトには強靭性と耐伸性が具わっており、また縦糸と横糸の網状構造によって、使用中に中綿がずれたり空洞化する現象が起こりません、長期間使用可能で、心地良さとふわふわ感が保たれます。その保温性はとても良いです。500グラムの糸は1500グラムの綿に匹敵します。国際的に、純粋な生糸製品は“人の第2皮膚”と称えられその他の繊維が取って代わることができない高級品です。

最新回答 (1条回答)

2010-03-08 回答

Welcome to the new Silk Road Exhibition Center. I was here instructors. We organized the municipal government set up Exhibition Center, the main purpose is to promote Suzhou silk culture and history. The first floor of the main display of the history and culture of silk production and silk have been process, on the second floor is mainly clothing, scarves, embroidery and so on. The Silk Road: In Chinese the impression that, with the Great Wall, whose fame better than the Silk Road. Silk Road is the history of trade lines across the Eurasian continent, Europe, Asia and Africa countries and promote China's friendly exchanges. China is the hometown of silk, in this line of the trade, China's export of silk goods to the most representative. Through the Silk Road, China's silk, iron, drilling wells and technology spread to the Western Regions, the Western Regions of the native products, musical instruments, such as India, Buddhism was introduced into China. Silk Road refers to the Western Han Dynasty by Zhang Qian's mission to the Western Regions opened to Chang'an (now Xi'an), passes through Gansu, Xinjiang, Central Asia, West Asia, And connecting the Mediterranean countries of the land access (this road is also known as "Northwest Silk Road" to distinguish in the future the other two as a "Silk Road" and the name of the traffic routes). Because from this road west of the cargo shipped to silk products, the greatest impact may therefore this name (and there are a lot of silk are our China shipped). The basic trend set at the Han Dynasty, including the Southern Road, Middle Road, North Road, Route 3. Han go South. Tang Dynasty, go North. A glass case on display is a yard Mulberry raw silk cocoon: My left-hand side show is a single palace cocoon, you can snag clothes, scarves. It looks smaller in size, it is From a silkworm cocoon made of silk, each cocoon may be snag about 1,500 meters. I show the right hand side is a two-palace cocoon can also be known as husband and wife cocoon, the volume seems larger, it is composed of two silkworm (one female, one male) cross-cocoon made of silk, silk is used to do it silk quilt. Are displayed on both sides of the Tang Dynasty to the Ming dynasty, the Qing Dynasty some of the silk works. Windows is displayed by the founding Ming emperor, Chu Yuan-chang robes worn. What we show is that such copy, the original suit on the basis of 1 / 3 of the larger deal. Long body, long term we call the blue Dragon, in the superstition of ancient times, Dragon A symbol of a country's lifeblood. DragonVenture if broken, which means that the state should perish. Therefore, in the course of the embroidery is very particular about thread can not be disconnected. If the mother in the embroidered embroidered into the process of cutting the thread, it will provoke impending massacre, and even implicated clan. Clothes on the whole nine dragon, in the middle of this dragon's claws are five claws, reflects the image of the emperor's 95 of the statue. The whole embroidery clothes embroidered mother needs to spend three to six months, when the finished embroidery. The wall is the silkworm's life specimens, through the silkworm eggs silkworm's life - newly-hatched silkworm - Silkworms - cocoon - silk moth, a total of more than 40 days time. Just out of silkworm eggs hatched black like ants, we call the "ant silkworm." Ant to the silk from silkworm cocoons were molting four times. From the newly-hatched silkworm to the first molt for the first age; sleep since entered the second age; again, after molting into the third age; after the third molt into the fourth age, the fourth molting also known as The Big Sleep. The Big Sleep after the fifth age, five age silkworms grow very fast, body length of up to 6 ~ 7 cm and a weight of up to newly-hatched silkworm weight of 10000 times. To become the fifth instar larvae began to silk cocoons. Like this. The ancient proverb "cocoon" is so he came. The age of five larvae take two days and nights of time, in order to form a cocoon. Silkworm pupa can be cooking to eat, taste very good. The last time peeling is carried out in the cocoon, then become a pupa. About 10 days later, a silk moth eclosion, his breakthrough. Broken cocoon, the cocoon sericin on the secretion of a protein is the best beauty products, dry skin in the rough coated with this layer of sericin, the skin will be like a baby as soon as smooth and delicate. Silkworm is the larva of silkworm droppings. Is also a blind Chinese medicine, Qingrejiedu designed to kill parasites. Can be used to make pillows. Square-made knitting: here is a careful look at link. Aunt is now to do is peel cocoon rings. Is the production of silk has been one of a process. The first with warm water and soak the cocoon open, remove the inside of the pupa. Tension through the cocoon and then set in this ring. Need to cover nearly 40 or so cocoon. Finally take down drying and sterilization. After drying, that is the case. Mo Shangqu very soft very comfortable. Silk workshop: Here we are hand-drawn into the production of silk has been the scene. Only a pure silk are hand-made, the machine can not be replaced. Needs four aunts, standing on four different directions at the same time pull. The entire Isla open. We can see that silk production was not like Dan Mianhua, need to bring hats, dust masks and other equipment, very green. Here is the aunt had pulled a good semi-finished products, silk has been is totally unnecessary to use quilted stitches to fix the middle, silk has been a strong force and tensile strength, and Jingwei network structure, was not in the course of fetal the phenomenon of displacement or holes there could be long-term use to maintain a sense of comfort and fluffy. Its warmth is very good. Pound of cotton, silk arrived samgun. In the international arena, pure silk products known as "a person's second skin" is no substitute for other fibers of high-grade products.